CRESCER FUTSAL

〜福岡から世界を目指す選手のためのフットサルスクール〜

スクールについて


クレセールには、U-9/U-12/U-15のスクールと、U-15のチームがあります。
※U-15のチームに関してはこちら

クレセールの育成方針

クレセールでは個の力を伸ばすことにフォーカスしており、基本のボールタッチ練習、一対一の対人プレーの練習に力を入れています。
神経の発達するゴールデンエイジに、サッカー・フットサルの基礎となる足下の技術・対人技術を徹底してマスターすることによって、みなさんが所属するチームで十分に活躍できること・上のカテゴリーでワンランク上を狙えることを目標に日々練習しています。

子どものスポーツは楽しくないと続きません。練習に参加してくれた全員が「今日も練習をしてよかった!楽しかった!」という気持ちでコートを出ることができるよう、褒めて伸ばすこと、楽しく活気ある指導を心がけています。

なぜフットサルの技術がサッカーに活きるのか?

クレセールでは、フットサルの技術を中心に教えることにより、サッカーに必要不可欠なスキルを短期間でマスター出来ることを主眼においています。

なぜ短期間でマスターできるのか。

フットサルはサッカーよりも少人数。そして、狭いエリアで戦います。
狭いエリアで戦うためにサッカーよりも強度を持った練習をすることができるのです。

サッカーの試合とフットサルの試合を比べたときに、フットサルの試合のほうが選手のボールコンタクト回数は約6倍になるというデータがあります。攻守の切り替えもめまぐるしいため、判断の回数もサッカーより多くなります。

間合いもフットサルのほうがより近いため、フットサルで間合いを学ぶとサッカーよりも近い間合いでボールを奪うことを考えるようになり、強く早い球際が身につきます。

①ボールタッチの練習は地味ですが、小さな頃からコツコツとやっておくことで足元の技術に差が出てきます。

②一対一の対人プレーの練習では、成功と失敗をたくさん繰り返すことができるので、試合の中で実際に使える技術を磨くことにつながります。

③フットサルコートでのゲーム練習には次のような効果があると考えています。
・ボールに関わる機会が多く、足元の技術が自然と身につく。
・相手との距離が近いので、常に駆け引きをしている状態。サッカーよりプレッシャーがかかっている場面が多く、格段に判断力、決断力が鍛えられます。

小学生年代から中学生年代までのゴールデンエイジにこの技術を習得させるため、普段の練習ではボールタッチ練習▷一対一などの対人プレー練習▷ゲームという流れで行います。

子供達への想い

crescer(クレセール)とはポルトガル語で成長という意味です。

クレセールの一番の大きな根っこは子どもたちの人間性を育てたいということです。
心の成長、体の成長、技の成長という三本の柱を持って指導を行っています。

 

 

 

 

 

 

クレセールのスクールやU-15チームに集まってくれた選手たちが、さまざまなことを経験し、吸収して、人生が豊かになればいいなと強く願っています。
たとえ将来の目標がサッカーやフットサルの選手でなくとも、クレセールで努力したことが自信となって、今後の人生を切り開いていく大きなキッカケの一つになれば…子どもたちにとってクレセールがそういう場所であったら最高です。

私自身、シュライカー大阪(Fリーグチーム)、ヴィッセル神戸(Jリーグチーム)でスクールコーチをしており、サッカーとフットサル両方のいい面を取り入れて指導している点が特徴です。
世界に目を向けるとネイマールやメッシなど子どもの頃にフットサルをしていたことで、サッカー選手としての才能が花開いた選手も数多くいます。
サッカーやフットサル初心者はもちろん、上手になってライバルに差をつけたい、チームでレギュラーになりたい、一段上のストライカーになりたい、高校年代以降を見据えてステップアップしたい、という選手の方は、ぜひクレセールの練習で一生物の技術を身につけてください。

080-9140-2506